毛穴治療は医療機関で可能です

セルフケアでも効果が得られない毛穴の開きは、クリニックなどで毛穴治療が可能です。毛穴治療は症状によっては保険適用になります。毛穴の開きと思ったいた箇所は実はニキビや湿疹などの皮膚疾患の場合で、ニキビ治療は、毛穴の中に溜まったニキビの内容物を押し出して外用薬を塗ったり、ビタミン剤や抗生剤などの処方を受けます。皮脂の過剰分泌などにより毛穴に汚れや古い角質が溜まり、それが酸化して毛穴が黒く見える、加齢などで肌がたるんで毛穴が広がるなど、毛穴が開く原因があります。

このような場合は自由診療で治療をうけることが可能です。自由診療での治療方法は、ケミカルピーリング、レーザー治療、高周波などです。ケミカルピーリングは、ニキビやしみ、シワに悩む場合に良い方法で、皮膚の表面に薬を塗り、皮膚の上に溜まった古い角質や毛穴に溜まった老廃物を溶かして取り除く方法です。レーザー治療は、レーザーにより真皮層のコラーゲンに刺激を与え、皮膚の内側からハリのある肌にすることで毛穴を引き締めます。

角栓や黒ずみ毛穴などの効果が期待できます。高周波は、たるみにより毛穴が広がり、帯状毛穴になった場合に良い方法です。毛穴治療で保険が適用になる治療であれば問題はありませんが、保険適用街の自由診療は、高額になる可能性は否めません。料金の設定に関しては医療機関毎により違いがあるため、事前に医療機関や医師に料金などを事前に確認してから治療を始めることが必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です