債務整理の利用で生活をやり直すことが出来ました

by:

交通事故士業広島

まだグレーゾーン金利が当たり前だった時代に300万円ほどの借金を抱えたことがありますが、毎月利息の支払いだけでお金が消えていく状況で、全く元金が減りませんでした。その状況を解決してくれたのが債務整理という方法になります。私が利用したのが債務整理の一つである任意整理という方法です。任意整理とは、法外な金利で借り入れをしていた場合に一度金利を再計算して、払いすぎた利息を減額する方法になります。

減額した結果借金が0以下になると過払い金というお金が発生し、借りた業者に過払い金の返還を求めることが可能になります。実際に30万円程度の過払い金が発生し、和解によって20万円ほど返還してもらいました。手続きは自分で行ったわけでなく、法律の専門家である弁護士に代行してもらいました。自分で手続きを進めることももちろん可能ですが、素人が手続きをすると時間がかかるのはもちろん、相手側もきちんとした対応をしてくれないケースが多いため、今後債務整理の手続きを行う予定の方は、弁護士に手続きを代行してもらうようにしてください。

代行してもらうのに必要な費用は、手続きが完了するまでに少しずつ分割で支払うので生活の負担になる心配はありません。現在は金利も法律の範囲内に収まっており多重債務で苦しむ方の割合も減っていますが、まだまだ全国各地に借金に苦しむ方はいますので、早急に弁護士に相談して債務整理のアドバイスをもらうことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です