多重債務に陥ったときには債務整理をするのが最適です

by:

士業相続相談

1度借金をしてしまうと、高い金利を含めた毎月の返済に困ったときに、さらに別の金融業者から借り入れをして返済をするという悪循環にはまってしまう人も数多くいます。複数の金融業者から借り入れをしてしまうことで、多重債務の状態に陥ってしまいますので、債務者個人の力だけで状況を改善させることが難しくなります。多重債務に陥ってしまったときには、弁護士に相談することで債務整理の提案をしてもらうことができます。収入がほとんどないときと、借金を減額すれば返済していくことが可能な程度の収入を得ているときでは、行うべき債務整理の手続きの種類が異なってきます。

収入がほとんどないときには、全ての借金の返済義務を帳消しにできる自己破産が最適です。自己破産では裁判所に破産の申し立てを行って、裁判所に債務者が借金の返済能力を持っていないことを認めてもらうことによって、支払い義務を免除してもらう手続きになります。一方で、一定の収入を得ている人であれば、弁護士などの専門家に依頼をすることで、借り入れをしている金融業者と借金減額の交渉をしてもらうことで、返済可能な借金額になるように和解をして返済していく債務整理の手続きを行うこともできます。民事再生や任意整理の場合であれば、借金を減額してもらって、減らされた借金を原則3年程度の期間で完済する解決方法となりますので、自己破産とは違って返済義務を免除してもらう手続きとは異なるものとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です