債務整理で生活がらくになるのか?

by:

交通事故士業慰謝料

債務整理とは借金を減額及び帳消しという方法により今ある債務を整理することの方法で、多重債務を抱える人の場合楽になるというイメージがあります。では、本当に債務整理で楽になるのかを考えてみましょう。債務整理には任意整理・特定調停・民事再生・自己破産と4つの方法があり、別の枠として過払い金請求もあります。過払い金請求に関しては既に支払った分の金利から適正金利を差し引いて払い過ぎの金利分が払い戻されるもので、残債務ある場合を除き、完済している場合は、すでに生活が債務がある時よりも楽になっている可能性があります。

しかし、過払い金請求以外の債務整理は、現状で債務が残っているため、整理後に借金の減額や帳消しとなれば楽になるには違いありません。ただ、借金が1社のみの場合、これを実行し、債務を減額もしくは帳消しとしても、信用を大きく損なうリスクが高いでしょう。借金が出来る場合借りる前の設計が不十分であったことが原因であり、その後の収入が順当でなければ当然借金が増えます。しかも借金を借金で返すことで多重債務化します。

こうなると債務整理なしで返済が出来ないことがあります。しかしながら整理後の計画を立てておかなくてはいけません。整理後に資産を失うことや銀行口座が持てない、カード利用が出来ない、などリスクもあり、借金取り立てなどのストレスが取れるもブラックリストのり、縛りのある生活となるため、しっかりとしたその後の計画を立てて収入を得ることが本当の再生への道となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です