債務整理の流れについて

by:

交通事故士業弁護士

借金返済でどうしようもなくなった際に利用できる法的措置が、債務整理です。債務整理の流れですが、まずは弁護士や司法書士などの代理人をみつけることから始まります。そのときには、借金問題や債務整理を専門に扱っているか、少なくとも実績がある人を選ぶことが大事で、そういう人のほうが、スムーズに素早く処理してもらえることになります。依頼する人が決まったら、すべての債権者の情報、借金総額と借金の借り入れ年数などを伝えます。

すると、弁護士や司法書士は、債権者一人一人に連絡をとり、収支の記録のすべての開示を求めます。それらに細かく目を通して、利息制限法にのっとった正しい利息の請求をされているかを確認します。この時点で、もし過払い金が発覚すると、過払い金返還請求を行う事になります。返還額を借金の元金に返済して、そこで改めて総額を割り出して、返済計画を練るようにします。

場合によっては、利息分の免除などの示談交渉を債権者側に申し入れることもあります。これを「任意整理」といいます。任意整理では支払いきれない場合には、「個人再生」によって借金総額そのものの減額を申し入れます。これは継続収入が見込める人のための再生措置で、借金が大幅に減ることになります。

それでも無理だと判断された場合、「自己破産」という最終手段という流れになります。自己破産は、裁判所に破産申告をして受理されることで決定します。これらが債務整理の一連の流れです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です