弁護士さん任せ債務整理の流れ

by:

交通事故士業広島

債務整理を行う流れとしては、まず弁護士を探すことから始めなければなりません。自分自身を申立人として債務整理を行うことも可能ではありますが、あまりお勧めできる方法だとは言えません。特に任意整理に関しては、借り入れ業者との示談交渉になります。何度も弁護士を対応してきている業者にたいし、法的知識もない一個人が示談交渉を行っても経験者や世間の流れではには難しいと言われています。

弁護士を見つけた後は、基本的に弁護士にお任せしたままになります。借主が交渉を行うことはありません。この交渉の最中に大抵の場合は弁護士費用の支払いを行います。何社から借り入れを行っているかによって以来金額は変わります。

弁護士費用の支払いは、分割でも一括でもどちらでも支払うことが可能です。私は、無理なく払える金額での分割にしてもらえました。いくら以下で毎月お支払いをしたい、と言うと無理を言わない限りはその範囲内での分割支払いにして貰えるようです。弁護士費用の支払いの間は、基本的には借金の返済はストップします。

大抵の場合に、弁護士費用の支払いが終わった翌月から返済金額の決定及び返済の始まることが多いようで、私達も弁護士費用の支払いが終わり翌月から同じくらいの金額で借金の返済が始まりました。後は、元金がなくなるまで一定額の返済を続けるだけになり、借金はしていた頃と比べると元金が確実に減っていくことになります。これが債務整理を行う流れです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です