債務整理の流れを知って催促の電話を止めよう

by:

士業相続遺産

債務整理を行うことを弁護士や司法書士に依頼したことで、借金の催促の電話が止まることは多くの人が知っていますが、いつからできるということを知らない人が多いです。数日や1週間ほどかかると思い込む人も多く、これは法律事務所によって対応も異なります。債務者にとって一番の苦痛というのは、債権者からの返済催促の連絡です。この連絡を止めるだけでも、新しい生活に向けて精神的にも楽になりますし、なりよりも整理をすることで自分の借金と真摯に向き合うことができるでしょう。

債務整理の流れを知ってすぐにでも催促の電話を止めてください。法律事務所に依頼する流れとして、相談してから依頼することになります。この相談というのも法律事務所を決めるうえで、重要な判断になりますので、必ず相談をしてから依頼するのかを決めるようにしてください。債務整理は弁護士や司法書士との連携が重要ですので、人柄等を確認してから依頼しましょう。

債務整理専門の事務所に依頼すれば、即日という最短で催促の連絡を止めることができます。これは受任通知といって、債務者が債務整理を行ったことを貸金業者に知らせる通知になり、これを受けた債権者はどんな理由であっても債務者に連絡を取ってはならないと言ったガイドラインが存在していますので大きな効力です。流れとしては、専門の法律事務所に相談し、しっかりと任せられることができる弁護士や司法書士を見つけたらすぐにでも依頼するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です