それぞれの債務整理にかかる費用について

by:

士業弁護士相続

返済できないほどの借金の問題を抱えてしまったときには、弁護士などの専門家に依頼したい人も多いでしょう。弁護士に法律相談をするときに最も気になる事項としては、費用の面だと言えます。債務整理はいくつかの種類がある法的手続きとなりますので、手続きによって費用も異なりますし、法律事務所によっても料金の形態は異なると言えます。債務整理として有名な手続きとしては自己破産がありますが、自己破産をするときの費用の相場としては30万円から40万円ぐらいだと考えられます。

最近では自己破産よりも任意整理の手続きを希望する人も増えていると言えますが、任意整理のときには借金をしている貸金業者ごとに対応することになりますので、手続きを行う業者1件について着手金が2万円から3万円ほどかかります。貸金業者と和解の交渉を行って借金額の減額などに成功したときには、成功報酬として1件ごとにさらに2万円から3万円ほどの報酬が発生することが相場と言えます。債務整理の手続きには個人再生もあって、個人再生では住宅ローンを残した状態で債務整理ができる解決方法となります。個人再生の手続きを成立させるときの費用の相場は、40万円から50万円ほどと言われています。

債務整理では貸金業者の取引履歴を開示させることによって、払いすぎている利息分が発覚する場合があります。過払い金が発生しているときには、弁護士に依頼することで返還請求が行えますが、過払い金返還請求をするときには取り戻した過払い金のうちの20%ほどを報酬として支払うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です