債務整理を弁護士に依頼する

by:

士業広島相続

債務整理を依頼する相手といえば、弁護士ですが、これにはそれなりの費用がかかります。上手く債務を整理できたとしても、その費用はしっかりと支払う必要がありますから、覚悟することです。しかし、それでもやる価値はありますし、債務整理ができれば、生活が楽になることは間違いないですから、よく検討するべきです。ちなみにどうしても自己破産ばかりが目にいくのですが、それだけではないのです。

ですから、まずは自己破産以外の方法を考えたほうが良いです。当然ですが、自己破産をしますと破産者、と言うことになりますから、様々な行為が制限されるのです。特定の職業に就くことができなくなりますし、これはそこまで確定的ではないのですが、親族にも迷惑をかける可能性も高いです。ですから、出来るだけ、自己破産は避けるべきであるといえます。

もちろん、どうしようもないのであれば、仕方ないですが、あくまで最初は任意整理でどうにかできないのかを検討するべきです。そのことを弁護士に相談をして、とにかく債務整理を行うことです。ちなみに自己破産や特定調停というのは、強制力がありますから、極めて有効的なのですが、だからこそ、デメリットがあるわけです。しかし、任意整理であれば、話し合いで解決した、ということになりますから、ほぼ公的なデメリットはないです。

さすがに同じところからお金を借りることは不可能になりますが、信用度が極端に下がらないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です