債務整理の代表例である任意整理と自己破産について

by:

士業慰謝料離婚

一般に債務整理というと、任意整理と自己破産の2つを指します。もちろんそれ以外にも、特定調停とか個人再生という方法もありますが、代表的なのはこの2つといっていいでしょう。このうち任意整理は、債務を一定の期間内に分割返済する方法です。ある程度の定収入がある人、売却できる車などがある人はこちらがお勧めです。

弁護士や司法書士に頼むのが一番で、費用は大体20万円から25万円です。任意整理で債務整理を行うと、その後5年間は、新規のキャッシングやローンの申込が出来なくなります。一方で自己破産は、裁判所に破産宣告をして、債務を帳消しにしてもらうもので、債務額が大きいとか、収入が少ない人にお勧めです。この場合も弁護士または司法書士に依頼します。

費用は30万円ほどで、個人の場合は、破産宣告後ほぼ同時に免責が下り、この時点で借金から解放されます。自己破産で債務整理を行うと、官報に氏名が記載されますが、この部分を見る人はきわめて限られており、自分から言わない限りまず他人にはわかりません。あと、金融業や士業の人は、一時期就業できないことがあります。また、キャッシングやローンを申し込めない時期は、任意整理のそれよりも長く、通常7年間、銀行の場合などは10年ほど経たないと、借り入れができないこともあります。

また債務整理をした場合は、その後ローンを組めるようになっても、整理の対象となった金融機関では審査に通るのが難しくなりますので、それまで利用したことのない金融機関に申し込むのがいいでしょう。広島で離婚の慰謝料のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です