自動車保険の弁護士費用特約

by:

交通事故士業弁護士

自動車を運転しているときに起きた交通事故については、普通であれば任意保険を管掌している損害保険会社で相手との示談交渉をしてくれますが、これは実際には限定的なサービスであって、交通事故にともなうすべてのことがらを加入者にかわって行ってくれるわけではありません。そもそも他人にかわって業として示談交渉を行うことは、一般的には弁護士法という法律に触れてしまうためです。そのため、もし損害保険会社として法律上できる範囲を超えてしまった場合には、なにか相手との法律上のトラブルが発生したとしても、損害保険会社にはいっさい手出しができなくなるため、加入者が自費で弁護士に依頼をして処理するしか方法がありません。しかし、報酬金などの費用はそれなりの金額となるため、あらかじめ貯金などがなければ、おいそれと依頼もできないということになってしまいます。

こうしたことを防ぐために設けられているのが、自動車保険の弁護士費用特約とよばれるメニューです。弁護士費用特約を契約していれば、たとえば民事訴訟を提起して相手に損害賠償金を支払わせようとする場合であっても、事前の法律相談から着手金、報酬金の支払いまで、保険金をもって充てることができるようになるため、たとえ当座の持ち合わせがなくても、法律上のトラブルに対抗することが可能となるのです。これは一般に自動車保険に加入すれば自動的についてくるサービスではありませんので、加入の際にしっかりと確認することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です