相続放棄の手続きは難しくありません

by:

士業広島相続

人が亡くなり相続が発生すると、被相続人(亡くなった人)が所有していた財産は相続財産となり、配偶者や子供といった相続人によって引き継がれていきます。相続財産というと現金や株券、土地や家屋といった不動産など(プラスの相続財産)ばかりが頭に浮かびますが、実際はこのようなプラスの相続財産ばかりではありません。実は被相続人名義の借金についても(マイナスの相続財産)として引き継がなければならないのです。しかし、被相続人が借金しか遺さなかった場合や、プラスの財産とマイナスの財産を相殺した結果、マイナスが残ってしまった場合などでは、相続することによって相続人に大きな負担が生じてしまいます。

こうなってしまうと相続を行う意味が無くなってしまいます。このようにマイナスの財産だけを引き継がなければならないような状況の場合では、相続放棄の手続きをすることが得策と言えます。相続放棄はその名の通り(相続を放棄する手続き)です。この手続きは被相続人の最期の住所地を管轄する家庭裁判所にて行います。

手続き自体は非常に簡単なものであり、被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本(除籍謄本あるいは原戸籍)や申請者の戸籍謄本などの相続関係が判明する書類を申請書に添えて提出するだけのものとなっています。当然申請書には相続財産の状況を記載する必要がありますが、明確に記載することは求められていません。相続放棄が認められると、最初から相続人の立場ではなかったことになりますので、遺された借金を引き継ぐ必要は無くなります。ただし、全ての相続財産の相続権が消滅しますので注意が必要です。

広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です