知っておきたい交通事故慰謝料

by:

交通事故士業弁護士

交通事故を起こして被害に遭った時には慰謝料を請求できる場面があります。慰謝料を請求できる場面は大きく分けて2つあります。一つが入通院による慰謝料で、もう一つは後遺障害慰謝料です。前者は交通事故により怪我をしてしまった場合に病院へ入院したり、通院した時に降りるお金です。

これについては、入院をした期間や通院をした期間、そして怪我の程度によってその額が決定します。後遺障害のほうは、交通事故により障害が発生した場合に精神的な被害が生じた時に支払われるものです。後遺障害については、1等級から14等級に分かれています。個1等級が一番精神的なダメージが大きい場合に適用され、14等級は一番ダメージが軽い時に適用されます。

交通事故を起こした時の慰謝料の請求に関する基準は3つあります。一つは裁判所基準です。裁判所基準は過去の判例を基準に判断していきます。実は精神的な損害に関しては金額を算出するのは難しいため、どうしても過去の裁判例を参考にするしかありません。

裁判所基準で示された金額については他の2つの基準に比べると随分高くなります。二つ目は任意保険基準です。この基準は各保険会社で定めた独自の基準を元に算出されます。当然算出方法は非公開です。

三つ目は自賠責保険基準です。自賠責保険基準の保険料は任意保険よりは安いことを考えればわかる通り、人身事故での最低限の額を支払うことを目的とした保険のため、上記2つの基準に比べると一番安い額になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です