交通事故の慰謝料に関するあれこれ

by:

士業相続相談

車社会の現代において、いくら自分が気をつけていても交通事故は発生することがあります。その際発生するのが交通事故に対する慰謝料ですが、これについての知識を持っている人はあまり多くありません。そのため自身が加害者となった時でも被害者となった時でも問題なく行動が行えるようしっかり事前に学んでおく必要があります。交通事故の慰謝料は被害状況や後遺症などによって算定されることになり、計算式に当てはめて請求もしくは支払いを行うこととなります。

多くの人は任意保険に加入しており、それらの手続きは全て保険会社が行ってくれますが、任意保険が利用できない状況や、自身が車両に乗っていない時に被害者となった場合などは自身で交渉を行わなければなりません。また当然ながら自身が被害を受けたからといって、深い知識もないまま慰謝料交渉を行おうとしても、満額もらえないどころかもらえるはずだった額まで減少してしまう可能性があります。そうならないためにも自身だけで判断できない場合は、弁護士などに相談すると良いでしょう。また自身が被害者となった時に気が動転して差し出された金銭をそのまま受け取ってしまうことがあります。

これは示談が成立したと認識される危険性があり、こちらも慰謝料請求が行えなくなる可能性が高いため、どのような状態であっても当事者同士で直接交渉や金銭のやりとりは避けるほうが無難です。前述の注意点などをしっかり抑え、交通事故の慰謝料のことを学ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です