交通事故を起こした時の慰謝料はどのように決まるのか

by:

士業弁護士相続

乗用車は、安全に気を配って運転すれば私たちの生活をより便利に快適にしてくれます。しかし、一瞬の油断が人生を取り返しの付かないものにしてしまいます。一瞬のわき見運転によって被害者に怪我を負わせてしまい、高額の慰謝料を支払わなければならなくなったといった事例も少なくありません。それでは実際に、事故によりどの程度の賠償をしなければならないかを確認します。

交通事故により相手に怪我を負わせてしまった場合には、民法により被害者に事故により生じた損害を賠償する責任を負います。比較的軽い事故の場合、被害者に後遺症が残る事は少ないですが、その場合でも治療費や慰謝料の支払いは免れません。加害者が被害者に対し支払う必要のある費用は以下の通りとなります。第一に、「怪我の治療費や通院費」です。

実際にかかる治療費だけでなく、病院まで自力で行くことのできない怪我を負ってしまった被害者はタクシーでの移動を必要としますので、その費用も負担する必要があります。第二に「精神的苦痛に対する慰謝料」です。怪我をした本人だけでなくその家族は交通事故により経済的、精神的に苦痛を受けます。これに対しての加害者による費用負担が慰謝料です。

しかしながら、その精神的、経済的苦痛は数字にしてはかるということが非常に難しいため、被害者の言い値のまま交通事故の慰謝料を支払うのは加害者にとっては得策とは言えません。万が一の際は適正な金額を決定するために弁護士に依頼し、民事裁判により金額を算出することがトラブルを避ける良い方法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です