交通事故の慰謝料請求で相談すべきポイントと説明方法

by:

士業広島離婚相談

交通事故の被害に遭ってしまった場合でも、加害者の方に納得出来る金額の慰謝料を請求出来るとは限りません。これは適用される法的な基準が基となり、慰謝料の金額が算出されるためで、後遺障害などのない場合で、最も一般的に適用されている基準の場合は、身体的な負担が大きく感じても納得した金額を請求できない事が大半です。そのため、交通事故の被害に遭っても、理不尽な結果となってしまうケースが多く見られます。とりわけ、個人で加害者の方の保険会社と交渉を進める事は至難の業です。

これは法的な知識に精通していない方の場合は、交通事故に不慣れであるという事に加え、素人の場合は法的な知識も不足していることから、正当な慰謝料の請求が非常に困難になるのが現状です。そのため、交通事故の被害に遭ってしまった場合には、不当な扱いを受けないようにするためにも、納得した状態での問題解決のために専門家への依頼が必要になります。通常は、弁護士の方に事故の被害状況を説明して、法的な相談を依頼することになりますが、弁護士の方にも専門とする分野があるため、交通事故を専門に扱っている方を選出しなければなりません。慰謝料請求においては適用される基準が重要になることから、事前に個々の事故の状況を詳しく説明し、適用される可能性の高い基準に加え、どの程度の加湿割合が適用されるのかや、どの程度の慰謝料の請求が可能であるかというポイントを聞きだす事が大切です。

広島で離婚相談のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です