交通事故で入院し、卒業が遅れたときの慰謝料は?

by:

士業弁護士離婚相談

もし交通事故で入院することなく卒業さえしていれば、さらに1年間通学するために必要な授業料や生活費などは必要なかったことになります。交通事故によって自分が被った損害は、慰謝料を請求できます。ただし、この場合「交通事故によるケガで入院することがなければ無事卒業できていた」ということが前提になります。仮に普段から講義をサボりがちで出席日数が不足していたり、これまでの成績が悪かったりして卒業するのが不可能だった場合には、事故と留年との間には因果関係がないことになるため、慰謝料を請求することはできません。

大学を卒業間近に控えていたのであれば、もう就職が内定しているということもよくあります。せっかく内定をもらっていても、卒業できなければ当然、就職できないのですから、その内定は取り消されることになります。このような場合には、やはり就職していたら得られていたであろう利益を、慰謝料請求することができます。次は、就職していれば、どれだけの賃金を得られていたのかが問題になります。

卒業後の就職先が決まっている場合には、その就職先で得られたであろう賃金額は、比較的容易に計算できます。就職先が決まっていない場合には、誰もが納得する基準として、賃金実態調査に基づく大学新卒者の平均給与額を使って決められます。普段、学業をおろそかにしていると、このような事故にまきこまれた場合にもらえるものももらえなくなりますので、学生は本分を大切にするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です